故郷納税で遍路宿過疎地なべいわ(12番焼山寺麓)で「へんろ宿『すだち庵』再生に挑む」

<<=トップ戻る

更新日:2021/10/01

11番札所藤井寺から12番札所焼山寺までは険しい山道のへんろ道を13㎞、焼山寺から鍋岩地区までは急な遍路道を4㎞下ると鍋岩集落がある。この区間に宿は無い。鍋岩地区には3軒のへんろ宿「すだちの里」「なべいわ荘」と「ゲストハウスもり庵ロフト」があった。昨年、 「すだちの里」と「なべいわ荘」 が閉館。鍋岩集落には歩き遍路を20-30名程度収容できる宿が必要である。「NPO法人お遍路ラボ」は 「すだちの里」と「なべいわ荘」 は後継者いないか?

後継者現る。その人は「角田雄士」さん。彼は歩き遍路歴2回。鍋岩地区の状況を知り、一念発起「お遍路の文化や魅力を伝えるためお遍路宿『すだち庵』を復活させたい」。理想とする「遍路宿」には現在の建物の改装等が必要である。その資金捻出に苦心していた時、「徳島県ふるさと企業家支援プロジェクト『頑張る起業家をふるさと納税で応援しよう!』」の存在を知る。早速、応募する。認証枠は3件、見事NO1でパス。

ふるさと納税とは、応援したい自治体へ寄附をする仕組みのことです。寄附をすると、寄附金の使い道を選べ、地域に貢献することができます。さらに、地域の特産物が寄附の返礼品として貰え、寄附金が税金から控除される制度なんです!
角田さんの応募は「お宿 すだち庵 再生復活プロジェクト」です。本プロジェクトに応募していただいた方への返礼品は金額に応じ「徳島県産すだち、日本酒、唐辛子、更にすだち庵宿泊チケット等」を予定しています。
本プロジェクトへの応募は「ふるさと納税サイト『ふるさとチョイス』」より申し込んでください。

鍋岩集落は 四国遍路道の喉仏である。この地に宿を確保できず、四国霊場歩き遍路でこの区間だけやむなく交通機関を利用し回り道しなくてはならない遍路も見かけます。四国霊場の魅力は何といっても一本の遍路道を辿り循環できる「循環型巡礼の道」です。鍋岩集落に宿が不可欠です。

皆さん、是非、「お宿 すだち庵 再生復活プロジェクト」の応募ご支援を願います。
応募期間:2021年10月1日~12月31日

問い合わせ先:すだち庵(門田 雄士)090-2677-8000

すだち庵は2021年9月より暫定オープン。

すだち庵は:和室3部屋  
位置図:Google Map
Wifi:◎  トイレ:ウオシュレット  浴室:バスタブ
料金:素泊まり 4,000円 
洗濯機  100円 乾燥機  200円
チェックイン:15:00~
朝食時間:ー 
連絡先:090-2677-8000
E-mail :-
その他:ー

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へにほんブログ村

お遍路 ブログランキングへ